ロゴ

さらなる遠回り

USCPA

こんちは、ごろまるです☕️

USCPAへの歩みを進めたにも関わらず、遠回りが止まらない。簿記2級に期間限定で取り組むことにします。取り組まないと気が済まなくなりました。

以下、理由です。

簿記が楽しい

簿記3級を初めて1ヶ月半ほどでネット試験に合格、想像以上に簿記の楽しさに取り憑かれています。3級に合格した直後の今が、2級に取り組む絶好のタイミングだと思っています。また、今後FARの勉強を始めるともう簡単には他の何かをやり始めることはできないと思う。(FAR恐れ過ぎ症候群)

会計初学者として、もう少しだけ簿記をやった方がいいと実感している

会計初心者として、もう少し簿記を深掘りしておきたい。簿記でもUSCPAでも、暗記して場当たり的に対応するのではなく、論点の理解に努めて、なぜそうなるのか確実に理解するということが重要だと感じていて、個人的には簿記の勉強が自分に良い影響を与えていると思うので、直感的にもう少しだけ足を伸ばした方がいいんじゃないかと。そんな気持ちが止まりません。

パブロフ簿記→スッキリ!シリーズ

会計完全初心者の私にとって、パブロフ簿記のパブロフくん🐶は、本当に救いでした。とにかくルーズなパブロフくんが私の会計に対する「警戒心」を完全に取り払ってくれました。パブロフ簿記著者のよせだあつこさんに本当に感謝しています。ただ、解いていく中で特に経過勘定や損益振替など、いくら読んでも腑に落ちなかった部分があったことも確かです。TACのスッキリ!シリーズでも同じことになるかもしれませんが、周囲でスッキリ!シリーズのユーザーが圧倒的に多いため、パブロフくんとは涙のお別れをすることに決めましたw(この文章、書いててアホらしくなってきた)

「意味がない」かどうか、実際にやってみて判断したい

「USCPAのために簿記2級は別にしなくてもいい」「FARの勉強を一刻も早く始めた方がいい」

など、たくさんのアドバイスや情報があります。しかし、直近で取り組んだ英文会計入門では、簿記3級で取り組んだことが存分に活きていた。簿記3級をやっていなかったらここまですんなり腑に落ちて学習を進められることはなかった。簿記2級がUSCPAに活きることはないかもしれない。時間の無駄かもしれない。しかし、「活きた」「活きなかった」はどっちでもよくて、「自分で試してみて判断する」が目的です。

USCPA師範もりおさんにも、USCPAの前に簿記2級はやらんでもええと思いますとアドバイス頂いていたのですが、すんません! やってみて自分で実感しないと気が済まなくなりました!! 1ヶ月だけトライさせてもらいます!!

FARの単位取得も同時進行で少しずつ進めていきます。ナメたことだと思うので、簿記2級はこのまま短期間で受からずに終わる可能性も十分あります。また、早くFARに取り組まないとという焦りもあります。だから、制限時間を決めた上での「最後の遠回り」です。

時間を捻出するしかありません。仕事を2秒で終わらせて、プロ野球やサッカーを観なければ、勉強時間は作れるはずです(イヤダ~!)