ロゴ

TERAKOYA TED アフタートーク

Motivation

Terakoya TED Talk の あとに30分ほどモチベーションやらなんやらについて語らったログです。プレゼンも良かったですが、こういうリラックスした感じで雑談できる時間も非常に楽しかったです。記憶を頼りに、印象深かったことを書き残しておきます!

食生活について

食生活はもりおさんも重要視されているようで、糖質の取りすぎが良くないよねという話になりました。勉強する上で集中力という要素は絶対に必要になってきますが、糖質の取り過ぎは脳や身体のパフォーマンスを鈍らせる。ストイックな食生活は逆にストレスですが、いいパフォーマンスを出す上では健康的な食生活が欠かせないということを再確認。

目標設定について

目標設定についての話。1年、3年、5年など、短期、中期、長期で目標設定はするものの、必ずどこかで予定が狂ったり、目標設定は書き換えられていくものなので、あとで修正/更新されていくという前提で、トライアンドエラーを繰り返していく。

数値化しにくい目標(例:英語流暢になるなど)は、数値化できるもの(例:試験など)をうまく活用する。ただし、「達成感を数値化して成長してるかどうかわかりやすくする」のが目的なので、数字のみ(試験の結果など)を追求すると、成長しているという感覚を阻害してしまいかねない。

例えば、試験の点数が伸び悩んだり不合格などの状態が続いてしまうと、まるで前進していないような感覚に陥ってしまう。だから、数値目標と感覚的な達成感を両方うまいこと活用していくべし!

気分ポートフォリオ

時間の使い方で工夫されている点や大事にしていることをぜひお聞きしたいです!」という事前質問から発展していったと記憶しているんですが、時間の使い方についての話。

「時間の使い方は命の使い方」という言葉があるくらい時間の使い方は大事。私はかなり細かく予定を決めて動いています。それに対して、もりおさんはあまり細かく時間管理はしていないとのことでした。

自分で「気分ポートフォリオ」を作って、比較的「やりたい時にやりたいことをやる」スタイルで過ごしているようです。「もりお用語」がまた誕生したわけですが()、気分ポートフォリオとは

行動のオプションをたくさん作っておくことで、どんな気分の時でもどれかを選んで行動して、「前進し続ける」という大前提はクリアしておく。

というようなイメージかなと思いました。

試験の勉強をする、筋トレをする、読書をする、動画の編集をする、楽器を演奏する、ランニングをする、カフェに行く、寝る、息抜きをする、などなど、行動する対象をたくさんストックしておき、その時々の気分によってうまいこと行動する対象を決める。(経済学部出身者としては、ポートフォリオと聞くと、「分散投資」をイメージしました。それと似てる?)

人生に対するモチベーション

ちなみに、この集まりは50人以上で日曜の朝8:00~ 行われました。日曜の朝から集まって、「人生のモチベーション」について語らうとはなかなか意識が高い笑。 それだけTerakoyaの熱量が高いということですかね🔥

もりおさんが大切にされてるモチベーションの一つは、「今日死ぬかもしれないよね」ということだそう。普段なかなかそういうことって忘れてしまいがちだと思うんですが、もりおさんがそういったことを意識されていると聞き、普段の行動力にとても納得が行きました。

また次回のTerakoya Ted Talkも非常に楽しみです!!!! Can’t wait!!

以上! ✅